【日 時】

2015年 3月29日(日) 13:30~15:00   

 

【場 所】 

 裾野市生涯学習センター


【テーマ】
 新卒1~4年目が主たる対象。
 通常学級での特別支援は、個別対応の前に学級全体のシステム(生活のルール、授業
 のルール)を安定させることが第一です。

 

【申し込み先】

メールにて、次の内容を送ってください。

takehara.kotaro@toss2.com


件名:【講座申し込み】

内容:①名前 ②電話番号 ③メールアドレス ④住所 ⑤所属(教員、講師、学生)

   ⑥参加講座(3月29日   5月9日)





第1講座
特別支援にも配慮した 授業の原理原則10カ条

第2講座
授業の導入の型をつくる

第3講座
明確な指示をする 演習形式

第4講座
個別評定があり、多くの子をほめている

第5講座
いつも笑顔で子どもをどならない

第6講座
気になる子どもに授業中どう対応するか)
(1)授業中悪気なく思ったことを口にしてしまう子 (ADHD)
(2)すぐに「やりたくない」と言い出す子 (PDD)
(3)授業中、友達の発言をはやし立てる子 (環境因)

第7講座
QA

 

 

 【日 時】

2015年 5月9日(土) 13:30~15:00   

 

【場 所】 

 裾野市生涯学習センター


【テーマ】
 新卒1~4年目が主たる対象。
 通常学級での特別支援は、個別対応の前に学級全体のシステム(生活のルール、授業
 のルール)を安定させることが第一です。

講座1

なぜ、指導技術を知り、使いこなすことが大切なのか

講座2
どの学年でも教えたい 地図を読みとる力つける社会科の指導
 ①毎日の積み重ねで、基礎知識を定着させる地名探し
 ②子どもが熱中する写真の読みとらせ方  

講座3
発問一つで子供が熱中する「気持ちを問わない」物語文の指導 
 ①長い文章の指導を飽きさせずに取り組ませる方法     
 ②どの学年でもできる、中心人物の心情の変化を検討する   

講座4
できない子に優しい教科書を使った算数の指導
 ①どの子も分かる、単元を貫く基本形を教える 
 ②できない子に優しい、練習問題の丸つけ方法

講座5
1年間使える 実験ノートの書き方
実験を実際に行い、ノートも書かせる

講座6
Hiフレンズを活用した、楽しく聴き話す力をつける授業(ALLイングリッシュ)

講座7
質問に何でもお答えします。

 Q&A

 

 

【申し込み先】

メールにて、次の内容を送ってください。

takehara.kotaro@toss2.com


件名:【講座申し込み】

内容:①名前 ②電話番号 ③メールアドレス ④住所 ⑤所属(教員、講師、学生)

   ⑥参加講座(3月29日   5月9日)